ジムリーダーの城20周年おめでとうございます!記事のサムネ

こんにちは。バチです。

 この記事にはジムリーダーの城の使い方やポケモン金銀の戦略、知識等の記載は一切ありません。20周年すげぇ!という個人的な感動をつづった記事です

ポケモン金銀の交流サイト、ジムリーダーの城が、なんと開設から20周年だそうです!

最近、このサイトが現存していることを知った時は、そりゃもうぶったまげました。
なにせ最後に覗いたのが、僕が中学生~高校生ぐらいのとき。
だいたい20年前、開設当初だったということになります。

そして20周年という事実に、さらにぶったまげました。
20周年という長いあいだ、サイトを継続したことももちろんなのですが。
技術屋として思うのが、『当時からネット対戦できた』ことの凄さをビシビシと感じています。

今回はそんな「めっちゃ感動した!」ことをありのまま記事にしてみます。
それじゃあ、いってみよ~!

ジムリーダーの城を最初見たのは20年前

ジムリーダーの城を最初に見たのは、中学生か高校生の頃でした。
ニンテンドウカップ2000があったり、ポケスタ金銀が発売したりとか、金銀がアツい時期でもあり、僕が青春をポケモンに費やしていたころでもあります。

当時、僕はポケモンにハマりにハマっていました。
何にハマっていたかというと、厳選と対戦。

金銀が発売したとき、個体値とか努力値の存在がそこそこ広まった時期だと思います。
初代ポケモンに続き、ポケモンを捕まえては育て、捕まえては育て。

そしてポケスタに投入、CPUと対戦!
友達と対戦…?1回か2回したことあった…と思う。
いいの!!!!!!CPUと対戦で面白かったからいいの!!!!!!!!!!!

そんな日々に明け暮れていました。

あるとき、僕の家でもインターネットにつなげることに。
最初インターネットにつないだ時も、衝撃とワクワク、嬉しさの連続でした。

いろんな情報がやりとりされている!
画面の向こうに人がいる!
自分が書いた書き込みに返信がきている!
攻略掲示板やらフラッシュやら、いろんなサイトを無我夢中で眺める毎日でした。

詳しい経緯は忘れましたが、いつしかたどり着いたのが「ジムリーダーの城」

中にはチャットルームがある攻略サイト。
これだけなら、当時そこそこあるページだったんです。
掲示板+チャットルームで交流、キリ番あったら報告してね~!みたいなページが、当時は主流でした。

ところがこのジムリーダーの城、他のページには絶対にない特色がありました。

なんと!!!!チャットルームを通して!!!!!!!
ポケモン金銀の対戦(シミュレート)ができる!!!!
これマジ!!?!?!?!?!!!?!?!?

ポケモンの対戦って、実は結構ハードルが高いじゃないですか。
え?そんなことない?友達とやりゃ~いいじゃん?
僕にとっては高いの!!!!!高かったの!!!!!涙がちょちょぎれちゃいますよ…ぐすん。

画面の向こうの、どこかにいる人と交流できる。
これだけでも当時は毎日感動、ワクワク、何時間でもインターネットに没頭できる。
そんな状況だったのに、まさかまさかのネット対戦。
こんなもん、衝撃すぎて脳みそがぶっ飛びますよ。

当時のおぼろげな記憶

記憶がかなりおぼろげなのですが、僕も当時、何回か対戦シミュレータを使わせていただきました。

CPU対戦と違って、自分なりのパーティを組める。
CPU対戦と違って、思った通りに事が運ばない。
思いもがけない技や行動が飛び出してくる。
そして対戦していた相手と、すぐに考えや感想を言い合ったりできる。

いろんなパーティを試してみたい、いろんなことを試してみたい。
人と対戦するって面白い、というか凄い!!!
そんな感動を味わえました。

今でも頭の片隅に残っているのが、『ハリーセン』を誰かが使っていた記憶。
そして他の人が「ハリーセンか…どういう作戦なんだろう」とか言っていたのを、覚えています。

ハリーセン、今はどうかわかりませんが、当時はかなり珍しかったと思います。
よほど印象に残ったのか、今でもぼんやり覚えています。笑

ただ、いつの日か僕も違うゲームに熱中するようになり。
ジムリーダーの城の存在も、しばらくの間。
それこそ20年近く、完全に忘れ去っていました。

そして20年経った今。
まさかまさか、そんなことがあるのか。
『ジムリーダーの城』現存を知ることになるとは思いませんでした。

20年後、まさかまさかのサイト現存を知る

最近、初代ポケモンの動画をよく見るようになりました。
今でも新しい戦法が開発されているとか、今のレベル55主流はケンタロス/ルージュラ/ラプラスだとか。
ファイヤーって実はめっちゃ強い!な動画や、誰もクリアしたことが無い縛りプレイの動画を見たり。

いや~懐かしい!もういくらでも見ていられるってなもんです。

そしてあるとき。
ポケモンつながりでリンクを辿って行ったのだと思います。
細かい経路は覚えていないのですが、あるサイトを見かけることに。

そう、『ジムリーダーの城』です。

見たとき、正直目を疑いました。
マジ!?!!!?!?
ジムリーダーの城って…あの対戦ができた?
自分が学生だった頃の?
あのサイト?

いや、そんなバカな…さすがに残っているわけがない。
でもこの3つの青丸(シミュレータの入り口)…見覚えがある。
当時のままだ。
これは…あのときのサイトだ。

すげぇ!!!!!!!!!
あの時使ったサイトがある!!!!!!!!!!
しかもシミュレータが今も動いてる!!!!!!!!!!!

いや~~~~~~~~~~~もう、本当にぶっっったまげました。
あれは中学生か高校だったから…20年ぐらい?
そんな前のサイトが今でもある?
しかもあまり見た目も変わっていないように見える。

びっくらこいたとかおったまげたとか、言葉じゃ表しきれないぐらいびっくりしました。

20年ですよ、20年。
時を超えた遭遇です。
インターネット界のセレビィです。

…………。

(うまいこと言おうとして滑った感)

ごほん!

20年前といえば、インターネット黎明期。
当時のサイトが残ってることって、本当に珍しいことなんです。

なにせ20年ですからね。
その間、ずっと運用を続けているだけでも、めちゃくちゃに凄いことです。

当時は、レンタルサーバで運用しているページが多かった。
時間が経つにつれ、そのレンタルサーバが運用を停止することがチラホラ、というかたくさんありました。

作ったページを放置、というだけならまだ残っていそうなものなんですが、このサーバの停止がどうしようもなく。
有名どころだと、インフォシークとかジオシティーズでしょうか。
強制的にページ閉鎖、実に多くのサイトやコンテンツが消えていきました。
URLさえわかれば魚拓サイトで見られたりもするみたいですが、なかなかそうもいきません。

さらにさらに凄いのが。
今でも対戦が活発に行われている!!!!!!
これマジ!!!?!?!?!?!??!!

20年間ですよ。
20年間の間、残っているだけではなく、利用者が訪問し続け、使われ続けているんです。
凄いとかなんとか、もう言葉じゃ言い表せません。

それも独自のシステムですからね。
ポケモン対戦シミュレータって、今でもかなり難しいと思います。
当時だと、そこまで技術が発展していなかったり、知識も広まっていなかったり。
なおのことだと思います。

技術屋として思う、ジムリーダーの城20周年の凄さ

20年もの間利用され続けている、『ジムリーダーの城』。
技術屋としても、いろいろ感じるものがあります。

まず当時からネット対戦ができたということ。
これ、実は超絶ウルトラギガント級に凄いことだと思います。

なぜかというと、

  • 今でも難しいのに、当時はさらに難しかったはず
  • メンテやらセキュリティ対策に常に追われていたのではなかろうか

と思うからです。

ネット対戦、は今でもなかなか難しい

最近、個人的に「ネット対戦ができるゲームを作りてぇ」と、ふと思い。
今はフレームワークとかライブラリとかあるし、ペペッとやってパパっとできるっしょ~!ぐらいに思っていました。

ところがですね。
なかなか情報が無いんですよ、ネット対戦。

これがページを装飾とかの、ローカルでどうこうする情報だとかはごまんとあります。
ネット通信でも、webソケットがどうのこうのとか、個別の情報は割とあるんです。

ところが、ネット対戦を実現するための手順とか一連の技術をまとめた情報となると、これが全然見当たらない。

え?ネット通信とか対戦って秘伝のタレかなんかなの?ってな勢いで情報が無い。
あまりに情報が無く、なんとかあるweb講座にたどり着き、web通信や対戦について学ぶことはできました。

ところが、ここで話は終わらないんです。
これこれこういうフレームワークやらライブラリやらを使って、実装できることはわかりました。
わかったんですが、気になることが。

そのライブラリやらなんやらを使うのは、そもそも大丈夫なのか?

そりゃ大丈夫だし広まってるから講座で扱われているんですが。
とりあえず動くからオッケ~!で済ますとなると、いろいろ危うい気がしてしまって。

ここらへんは、考え方によるかもしれません。
自分は、ライブラリやらに任せるにしろ、それを選択する理由や基準は知っておきたい、と思うほうです。

そうなると、使うモノについても知る必要がでてくる。
さらにセキュリティはどうなのとか、関連する技術とか、どこまで調べたり学べば良いのか果てが見えなくなってしまい。

「ネット通信、ヤバっ!」

今では勉強を中断中です。
こらあかんわ、自分一人でやるのは無理があるわ、って感じです。

いろいろ技術が整備された、今ですらこうなんです。
まして20年前となると、そういうわけでもなく。
情報も少なく、かなり、かな~~~~~り苦労したはずです。

そして実装できたからといって、それで終わりというわけではなく。

その後、技術のアップデートに対応するメンテナンスだとか。
セキュリティ対策に対応したりだとか。
おそらく、いろいろなことに追われてきたのだと思います。

レンタルのシステムとかならともかく、独自の対戦システムとなると。
構築も大変ですし、その後のメンテも大変。
そしてそれを20年、実用に耐えうるレベルで維持し続けている。

憶測でしかないのですが、めっちゃんこ大変でめっちゃんこ凄いことなんじゃないか…と思います。

サイトが残っているだけでもすごいのに、独自のシステムが稼働し続け、利用されし続けている。
もう何重にも感動ですよ、感動で頭がこんがらがりそうです。

ジムリーダーの城、20周年おめでとうございます!

いや~~~~~~もう本当に感動しました。
ジムリーダーの城、20周年、本当におめでとうございます!

とか言いつつ、現存を知ってから、まだシミュレータを利用してはいないのですが。
機会を見て、また利用させていただければと思います!
ポケモン金銀、ジムリーダーの城、最高~~~~~~~~!!!!!!!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事