他人と比べてしまい辛くなったらどうするか

こんにちは。バチです。
他人と比べてしまい辛くなったとき、どうすれば良いかを、結論から。

  • まず腕を振りまくろう(運動しよう)
  • SNSをやめよう

あとは没頭できる趣味を探すとかありますが、いますぐできるのは上の2つ!

他人と比べてしまって、落ち込んじゃうこと。
僕にもあります。
けっこうあります!

有名人やタレント、Youtuber。
特に自分より若い人なんか見るとなおさら!
なんであの人は凄いんだ、なんで自分はこうなんだ…とか思っちゃいます。

仕事中はバタバタしてたり周りの目があったりでそうでもないんですが、特に家でぼーっとしてるとき。
こういう考えが、ふと浮かんできがちです。

そんなとき、僕はすかさず腕を振りまくります。
とりあえず体を動かします。
体を動かすと、疲労感と同時にすっきりした気分になります。

さらにできれば、SNSをやめる!!!
これ大事!!!!!
特にインスタとかフェイスブック!!!!!

 ※インスタやフェイスブック、その他SNSを否定しているわけではありません。
他人と比べて辛いぐらいならやめたほうが良いのでは、という考えです。

SNSって、まわりの投稿がキラキラ輝いて見えちゃうんですよね。
それもそのはず、一日のうちヤマの部分を、さらに盛りに盛って投稿するところです。
そりゃもう、輝いて見えますって。

そして他人と比べてしまうこと自体は、悪いことでもなんでもありません。
むしろ自然なことなんです。
『他人と比べるのをやめよう』とはいっても、社会生活をするために周りを見るのは普通のこと。
やめようといっても、なかなかやめられるものでもありません。

なので『他人と比べてしまうきっかけ』を断つことが必要になります。
そして今すぐ断つことができるのが、SNS。

そんなわけで、他人と比べてしまって辛いときどうするか!
運動、そしてSNSについて語ってみようとおもいます。

それじゃあ、いってみよ~!

とりあえず腕を振りまくろう(運動しよう)

なんであの人はこんなに…なのに自分は。
他人と比較してつらい。
辛いし気力がわかないし、何もする気がおきない。

そんなとき!騙されたと思ってやってみてください!

腕を90度に曲げて!
腕を振りまくります!!!

うおおおおおお!全速前進!!!!!!
フンフンフンフンフンフンフンフン!!!!!!!!!!!

10秒間は全力で!!!!!!
まだいける!!!!まだいけるよ!!!!!
ハイがんばった!!!!!!!!

ハァ、ハァ・・・疲れたぜ。
なんということでしょう。

疲れ、そしてさわやかな気分。
ネガティブな考えが吹き飛んでしまいました。

一時的かもしれません。
でもこれ、かなり効果あります。

体はめっちゃ疲れます。
そして、疲れていると他人と比べるどころじゃなくなります。

ぜぇぜぇハァハァ息を切らしてるときって、息を整えるのでせいいっぱいです。
「ハァハァ・・・なんで俺はあの人に比べて…クソッ」
なんて思うかというと、まずそんな余裕ありません。

さらに、体を動かすと気分がスッキリします。
脳やらなんやらのことは正直よくわかりませんが、ネガティブだった気分から、なんとなくポジティブな気分にすらなってきます。

体を動かすなら、なんでもいいんです。
屈伸してみたりとか。
腕をぐるぐるまわしてみるとか。
イスかなにかを支えにして、脚だってぐるぐるまわしてみたり。

とりあえず体を動かす。
これ、本当に効果ありますよ!
何よりすぐにできるので、超オススメです。
騙されたと思って、いちどやってみてください。

SNSをやめよう

他人と比べてしまうのって、根本的な原因があると思います。
テレビだったり、インターネットだったり、職場の人間だったり。
どうしようもないものもありますが、今すぐ断てるものもあります。
そう、SNS!

SNSってそれはもう、きらびやかな投稿が満載です。

こんなご飯たべたよ!
こんな服着てみたよ!
このイベント、超楽しい~!

見る側からすれば、他人に嫉妬してくださいといわんばかりのキラキラした投稿ばかり。
他人と比べてしまいがちな人にとって、これはもう危険です。
なんで自分はこうなのに…とか、必ず思ってしまいます。

その点については、運営も認識しています。
インスタでもいいねの数が見られなくなったりしましたよね。
ユーザの精神的負担が大きい、という理由だとか。
運営側も、見る側にも負担があるということを認識して、対策しているということです。

特に負担が大きいと個人的に思うのが、インスタやフェイスブック。
インスタ≒フェイスブック>>>ツイッター
ぐらいに思ってます。

 ※繰り返しになりますが、インスタやフェイスブック、その他SNS自体を否定しているわけではありません。

ツイッターはどちらかというと、おもしろい投稿や役立つ投稿でバズる傾向があるように思います。
それはそれで「あの人はいつもおもしれーな」なんて思うかもしれませんが、インスタやフェイスブックよりかは良い気がします。

小山を富士山やエベレストに見せかけるのがSNS

SNSがなんでそこまで危険かというと。

  • 自分の日常からより良い一部を切り取って
  • 盛りに盛って盛りまくる

ところにあります。

ふだんの日常って、たいていの人がなだらか~で平坦~だと思います。
朝起きて、ごはん食べて会社行って、帰ってきたらまたご飯食べて、お風呂入って寝る。
基本的に毎日毎日、似たような日常です。

そんな日常の中、『小山』ができることがあります。
特に土日なんかはおでかけしたり、いつもより食事に出すお金を増やしてみたり。

そういう小山をすかさず!!!!!!
めっちゃいい角度でパシャリ!!!!!
めっちゃ加工してポチリ!!!!!!!
今の自分、めっちゃ輝いとるで!!!!どやぁ!!!!!!!!!

というのが、SNSの投稿です。
小山をペタペタ盛りに盛って、富士山レベルにまで仕立て上げて投稿します。

もちろん個人差はありますが、わざわざ汚らしい写真なんて載せないですからね。
いいねとか貰いたくなるのもわかりますし、こういう傾向になるのも無理ありません。

そして今でも『インスタ映え』を気にする人は多いです。
インスタ映えって意識しはじめると、小山を自分から作り出したりします。

今日はイベントがあるから投稿しよっかな~、じゃなくて。
インスタに投稿したいからイベント行ったろ!みたいな。
そしてもちろん写真を撮って、エベレストかってレベルに盛りまくって投稿します。

それ自体は否定しないのですが、見る側からするとそりゃ~もうキラッキラに輝いて見えちゃいます。

こういった理由から、他人と比べてしまいがちなときはSNSをやめたほうがいい、と思っています。

他人と比べることは自然なこと

よく「他人と比べるのはやめよう!」って言われますよね。
たしかに他人と比べてもそうそういいことはないんですが、やめづらいのも事実。
なぜかというと人間、他人と比べるのはごく自然なことだからです。

どうしたって社会の中で生きていくには、周りを見て行動する必要がでてきます。
典型的なのが会社のなか。

まわりの雰囲気とか、あのひとはよくがんばってるとか、こっちの人はそうでもないなとか。
周りを見て判断したり、自分はこうしていこうとか考えたり。
意識してやってるというよりは、会社の一員として生きていくため、自然にやっていることだと思います。

これは会社のなかだけではなく、生活全般がそうなんです。
他人を見て行動することによって、自分の行動をよりよくできたり、失敗を回避したりすることだってできます。

他人と比べること自体は、まったくおかしいことじゃありません。
むしろ身体にしみついてる分、なかなかやめようというのも難しい話です。

なので『他人と比べることをやめる』よりは、『他人を比べてしまうきっかけを断つ』ことのほうがよっぽど簡単です。
一番てっとりばやいのが、SNSというわけです。

まとめ

  • まず腕を振りまくろう(運動しよう)
  • SNSをやめよう

他人と比べてしまうこと、僕もよくあります。
よくありますし、よく落ち込みます。

そんな時はまず体を動かしましょう!!!
腕を振りまくって、振っても振っても振りまくって!
ブンブンブンブン!フンフンフンフン!

めっちゃ疲れます。
めっちゃ疲れますが、他人と比べるどころじゃなくなります。
そしてなんとなく気分がスッキリします。

これだけだと一時的なので、次は『他人と比べるきっかけ』を断ちにいきましょう。
一番てっとり早いのが、SNS。
もちろんSNS自体はまったく否定しませんが、他人と比べて落ち込んでしまうぐらいなら、スパっと断ってしまったほうが良いと思います。

いきなり断つのはちょっと…という場合は、そこまで重く考えなくても大丈夫!
まずは今日だけSNSを見るのをやめてみるとか、夜寝る前は見るのをやめるとか。
それだけでも、かなり効果ありますよ。
ぜひお試しあれ!!!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事