笑顔ルンルンガバ起き法記事のサムネイル

こんにちは。バチです。

今回は、「朝憂鬱で起きられない…」10秒で解消!する方法を紹介します。

朝憂鬱なときって、布団にもぐりっぱなしで居たいですよね。
寒い冬ならなおさらです。

「このまま会社を休んでしまおうか…。」
そんなときになかば無理矢理テンションを上げ、バシッと起きられます。
起きるまでが大変ですが、起きてしまえばこっちのもの。

そこで朝10秒でガバッと起きられる『笑顔ルンルンガバ起き法』を紹介します。
名前はアホみたいですが、だまされたと思って試してみてください。

さっそく手順から。

  1. 口角を思い切りぐいっとあげて「ニコッ」
  2. 眉もぐいっと上げ、目もにっこり
  3. 心の中でリズムを刻む「ルンルン♪ルンルン♪」
  4. リズムに合わせて「さん、ハイ!」
  5. ガバァッ!と起きる
  6. すかさず自分を褒める「えらいぞぉぉぉぉ!」

この6ステップです。
これで憂鬱で布団から出られない朝もバッチリ、ガバァッ!と起きられます。
なんの冗談だ、と思うかもしれませんが、いたって大マジメです。

ただですね。
「そもそも憂鬱な時に6つもやってらんねーよ!」と思いますよね。
大丈夫です、それを解決するコツがあります。

そしてこの笑顔ルンルンガバ起き法ですが、実はいくつかの科学的な手法を組み合わせたものとなっています。
やるときのコツや組み合わせた手法について、お話します。

動画版:朝に憂鬱で起きられない…10秒で一発解消!「笑顔ルンルンガバ起き法」

大事なコツ

次の手順だけに集中する

こんな憂鬱なときに6つもやってらんねぇ~よ!
わかります。

そしてご安心ください、解決策があります。
それは「次の手順だけに集中する」ことです。

まず「口角をあげて笑顔をつくる」ことに集中してください。
もう何もかもしんどい…わかります。
なんとか口角をあげることだけ、やってみてください。

そして、笑顔をつくれたらで良いので、すかさず次のステップに移ってください。
もう一度手順を書いておきます。

  1. 口角を思い切りぐいっとあげて「ニコッ」
  2. 眉もぐいっと上げ、目もにっこり
  3. 心の中でリズムを刻む「ルンルン♪ルンルン♪」
  4. リズムに合わせて「さん、ハイ!」
  5. ガバァッ!と起きる
  6. すかさず自分を褒める「えらいぞぉぉぉぉ!」

口角を上げたら、眉を上げてにっこり!することに集中。
眉を上げられたら、ルンルン♪とリズムを刻むことに集中。

一連の流れを意識すると面倒になってしまいます。
6ステップもやってらんねぇ~よ、このハゲ!と言いたくなります。
なので、常に次の手順だけに集中してください。

恥ずかしがらずに全力で

大事なコツその2は、恥ずかしがらずに全力でやることです。
ルンルン♪も「…ルンルン…」ではなく、
「ルンルン♪ルンルン♪ルンルンルルルン!ハイ!ハイ!ハイハイハイハイ!!!!」ぐらいな勢いです。

自分を褒めるときも、「えらいぞぉ~」ではなく、
「えらいぞーーーー!俺すげぇぇぇえええ!やばみ100%!!!!!!!」
ぐらいに。

そうは言われても、作り笑顔もルンルンリズムも恥ずかしい…。

大丈夫です。
心の中や頭の中は誰にも見えません。
作り笑顔も布団にもぐっていれば見えません。

恥ずかしがらずに、思いっきり口角をあげて「ニコッ!」
心の中で「ルンルン♪」
その勢いで「さんハイッ!」
ガバァァァァァァァツ!
そしてすかさず「えらいぞぉぉぉぉ!俺チョモランマぁぁぁぁ!」

はい起きた!起きたよ!
もうこっちのもんだぜ!
っていうか俺えらいよ!最高!!!
今日も一日頑張るゾイ!

ってなもんです。
思い切りテンション上げていきましょう。

いやだから、そもそもテンション上がねぇ~んだよ、というとき。
コツ1の「次の手順だけに集中する」をやってみてください。
まずは口角を上げるところから、ひとつずつで大丈夫です。

字面だとアホみたいですし、無理矢理テンションを上げているだけかのように見えるかもしれません。

実際、なかば無理矢理テンションを上げてはいるのですが、実はいくつかの科学的手法を取り入れた手順になっています。
それぞれの手法についてお話します。

組み合わせた科学的手法

組み合わせた手法ですが、

  • 作り笑顔
  • if-thenプランニング
  • セルフコンパッション
  • ルンルンリズムは…なんかありそう(すみません)

です。
それぞれ詳しくお話します。

作り笑顔のポジティブ効果

作り笑顔には、以下の効果があるという研究があります。

  • ポジティブになる
  • 免疫力が上がる

作り笑顔により顔の筋肉が刺激され、それが脳に伝わります。
その結果、「今笑顔だな、楽しいんだな」と脳が錯覚し、実際に楽しくポジティブな気分になるというもの。

そして笑顔には、ナチュラルキラー細胞という免疫効細胞を活性化させる効果があります。
さらに、作り笑顔でも細胞が活性化することがわかっています。

楽しいことがある→笑顔になる のが普通ですが、
笑顔になる→楽しくなる という逆順もあるということです。

if-thenプランニング

これは元々は習慣化の手法で、「もし~なら〇〇する」というものです。
if = 「もし~なら」 then = 「〇〇する」ですね。
トリガーとなる行動の後に必ず〇〇する、と決めておき、実行します。

たとえば、
if 夜歯を磨いたら
then すぐ布団に入る
といった具合です。

笑顔ルンルンガバ起き法では、
if 憂鬱で起きられないとき
then 笑顔をつくる

さらに
if 笑顔をつくったら
then リズムを刻む

というように、一連の手順がそのままif-thenプランニングになっています。
大事なコツの説明で、「次の手順だけに集中する」と言ったのは、このif-thenを積み重ねるためです。

一連の手順をいっぺんに意識すると、そもそも憂鬱なときは
「6つもあるのかよ めんどくせーな」
となってしまいます。

なので、まずは次の1ステップにだけ集中。
まずは口角を上げるところから。
そしてif(口角を上げられたら) then(眉を上げて目もにっこり) と進んでいきます。

マラソンでよく言われる「ゴールではなく、目先の電柱など近いところを目標にする」というのと似ていますね。

超がつくほど単純な手法ですが、超がつくほど効果があります。

実は日々の生活もこのif-thenプランニングがそこかしこにあります。
朝起きたら顔を洗う、とか。
顔を洗ったらご飯を食べる、などですね。

いつもとは違う習慣を付けたいときにも、この手法はとても効果的です。

セルフコンパッション

セルフコンパッションとは、「自分を思いやり、認め、ありのまま受け入れる」こと。
不安感やストレス減少の効果があります。

今回の手順の最後で「えらいぞぉぉぉぉ!」と自分を褒める箇所で使っています。

セルフコンパッションについては、心の中で自分を褒めてもいいですし、紙やテキスト、日記に書くのも効果的です。
自分を一番わかっているのは自分自身。
だからこそ、自分を認め、褒めてあげましょう。

ルンルン♪リズムの効果…なんかありそう

ルンルン♪リズムはオリジナルなので、特に科学的手法というわけではなかったりします。すみません。

でも何か心理学とかで名前がついてそうな気がします。
作り笑顔と理屈は同じです。
リズムを刻んでると本当に気分が明るくなる、みたいな。

ちょっと気分がいいとき、ひとり風呂場で踊ったりしませんか?
で、リズムを刻んでると、さらにノリノリになったりしますよね。あれです。
え?しない?そんなぁ(;-;)

この手法を作った前日ずる休み

実はこの笑顔ルンルンガバ起き法を作った前日、会社をずる休みしました。
朝、どうしても起きたくなくて…そのまま「もういいや、休んじゃえ」。

そして翌日。
起きたくねぇ…今日も休みてぇ…ってか布団あったけぇ…。

いやいかん!どげんかせんといかん!
でもどうすれば…何かいい方法は…。
…とりあえず笑ってみるか。

ニコッ!眉もグイッ。
ちょっといい気分になった気がする。
ルンルン♪ルンルン♪
い、いける!

さん、ハイッ!ガバァッ!
う、うぉおおおおおおお!起きられた!
こ、これだ!俺すげえええええええ!!!!

という流れです。
字面だけだと完全にアホですね。
字面だけじゃなくアホかもしれませんけど。
でも何事もやってみるもんです。ルンルン♪

笑顔ルンルンガバ起き法 まとめ

最後に手順をもう一回。

  1. 口角を思い切りぐいっとあげて「ニコッ」
  2. 眉もぐいっと上げ、目もにっこり
  3. 心の中でリズムを刻む「ルンルン♪ルンルン♪」
  4. リズムに合わせて「さん、ハイ!」
  5. ガバァッ!と起きる
  6. すかさず自分を褒める「えらいぞぉぉぉぉ!」

そしてコツは
・次の手順だけに集中する
・恥ずかしがらずに全力で
の2つです。

会社、学校、私生活…。
辛いことっていろいろありますよね。

なかなか周りはわかってくれない、相談もしづらい…そしてさらに気分が落ち込む。
負のループに陥りがちです。
朝も布団から出たくなくなっちゃいますよね。

そんなとき、だまされたと思って、一度で良いので試してみてください。
少しでも明るく、気分が良くなればと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事