彼女と長続きする方法の記事のサムネイル

こんにちは。バチです。

恋愛を長続きさせる方法を、結論から!

  • 時には終わらせる勇気も必要

は?俺は長続きする方法って言ってんの!
意味わかんね!豆腐の角に頭ぶつけて百回〇ね!

とか思ったかもしれません。
すみません!でもちょっと待って!

完全に真逆の結論に見えますよね。
でもこれが一番大事ですし、長続きする恋愛に繋がるんです。
なぜかというと。

長続きする相手とは、どうやったって長続きします。
だってウマがあうんですもん。

せいぜい心がけるのは、

  • 相手の立場になって考える
  • 放置しすぎない

この程度だと思います。

これについてはありきたりなことしか書けないので、ここでは述べません。

じゃあ何がマズいかって、『長続きさせるべきではない恋愛を長続きさせてしまう』ことだと、経験から確信しています。

過去に僕は
『彼女が別の男と同棲していて、それでも付き合い続けている』というわけのわからん状況になったことがあります。
しかも後からわかったのが、他にセフレもいるという事実。笑
もうムチャクチャですよ。
ムチャクチャですし、当時はめちゃくちゃ悩んだりへこんだりしました。

でもですね、当時の僕。
それを知りながら、その彼女と長続きさせたいとか思ってたんですよ。

意味わからんでしょ?
僕も今思うと意味わからんです。

そんな相手と仮に結婚したって、長続きするわけじゃないじゃないですか。
それでも当時の僕は、彼女が好きだったんです。
恋は盲目ってやつでしょうか。

それが最初の彼女でした。
我ながら、わりと色濃い経験をしたんじゃないかと思っています。
そして今では、結婚を予定している相手がいます。

そんな僕が思う、彼女と長続きする方法。
『終わらせるときは勇気をもって終わらせよう』ということを語ってみます。

時には終わらせる勇気も必要

彼女とお付き合いして、いずれは結婚して。
末永く、幸せな家庭を築きたい。
そのためには、『終わらせる勇気』が必要だと確信しています。

すこしすれ違う程度なら、全然あります。

ただ、決定的に合わない相手と、ずるずる長続きして。
その末に結婚したら、いずれは離婚することになると思います。

離婚で済めばいいですが、場合によってはそれすらできず。
結婚したのにちーとも楽しくないし、なんにも面白くない。
そんなことにもなりかねません。

ここでは僕が思う、『終わらせるべきだった恋愛』について語ってみます。
冒頭にも述べた相手なのですが、もうすこし詳しくお話します。

他の男と同棲、さらにセフレがいた女性と結婚しかけた話

僕が最初にお付き合いした女性との話です。
一言で言うと、『他の男と同棲しつつ、さらに別にセフレがいた女性』です。

字づらだけでもやべぇ~な、と思います。

今では別れていますが、だいたい3年ぐらいお付き合いしてました。

仮にずるずるいっていたとして、
そんな女性と結婚していたら。
考えただけで身の毛がよだちます。

というか、結婚までいきかけました。

当時、そんな相手でも僕としては大好きだったんです。
彼女が男と同棲していることも、他にセフレがいることもわかっていました。

意味わからんですよね?
僕も意味わかりませんが、恋は盲目とはよく言ったもんです。

そしてある時、「マンションを見に行こう」と言われました。
一緒に住む家を探しにいこう、ということです。
今でも割とそうなんですが、当時は今以上に押しに弱かった僕。
とりあえず見に行ってみるか…と、ショールームに行ってみたり。

すると相手は本気なのか、めちゃくちゃ盛り上がってるんです。
今日行ったところよかったね!
ここにしよう!
結婚して、子供も産もうね!
みたいな。

いや、いやいやいや。
100万歩ぐらい譲ったとして。

まあセフレと結婚相手とは別だとして。
同棲相手とも別だとして。
自分のことを一番好きでいてくれたとして。
うーん、まあ相手の気持ちもわからんでも…うーーーーーん。

ただ、やっぱりどう考えても。
その未来は、都合良すぎじゃね?という。

さすがの僕も、これはヤバイと思いました。
さすがの僕も、冷静になりました。
なにせもともと別の男性と同棲してますからね。

ただ、そんなことを知りつつも、結婚まで行きかけたんです。
そして確実にわかることがあります。
このまま結婚しても、必ず不幸な未来が待っている。

『時には終わらせる勇気が必要』って、こういうことなんです。

別れづらいこと、あると思います。
いろいろあってもやっぱり好き、あると思います。

でも、でもですね。
そういう関係って、「何かおかしいな」と思うことって、あると思います。
そしてそう思ったとき、こう考えてみてください。

「このままこの関係を続けて、果たして長続きするのだろうか?」
「この人と結婚して、幸せになれるのだろうか?」

相手にも考えがあると思います。
相手は相手で、本気で好きでいてくれているのかもしれません。
ただ、こちらも生身の人間だということも事実。

僕はなれないと思いました。
相手も相手で、僕のことを好きでいてくれたみたいです。
別れるのに、ちょっと時間はかかりました。

このとき勇気をだして別れて、本当に良かったと思います。
今では別の女性とお付き合いして、結婚を考えています。

まとめ

・時には終わらせる勇気も必要

僕の経験から、この結論について語ってみました。
今思うとわりととんでもない相手だったと思います。
こうやって書いてみてもヤベぇな、という。笑

今の相手に疑問を感じたときは、
「このままこの関係を続けて長続きするか」を考えてみてください。
もしかしたら、自分にとっても相手にとっても、良い結果を生むかもしれません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事